死霊館 悪魔のせいなら、無罪。 

ランキング応援ご協力のお願い

ご訪問ありがとうございます。ランキングのご協力お願いしますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。

予告

あらすじ

死霊館 悪魔のせいなら、無罪。』(しりょうかん あくまのせいならむざい、The Conjuring: The Devil Made Me Do It)は、2021年アメリカ合衆国ホラー映画。監督はマイケル・チャベス英語版)、出演はヴェラ・ファーミガパトリック・ウィルソンなど。1981年に米国で実際に起きた「悪魔が私に殺させた」事件英語版)を実在の心霊研究家であるウォーレン夫妻の視点から描いている。『死霊館』(2013年) 、『死霊館 エンフィールド事件』(2016年)の続編であり、また『アナベル 死霊博物館』(2019年)に続く「死霊館ユニバース」の第8作目である。

1980年ウォーレン夫妻はグラツェル家の依頼を受け、11歳のデヴィッド・グラツェルを調査することになった。一家はデヴィッドに悪魔が取り憑いていると信じ切っており、その恐怖からすっかり疲弊していたのである。調査の結果、ウォーレン夫妻は一家の主張が真実であると判断し、カトリックの司祭たちと共にデヴィッドの悪魔祓いを行うことにした。数日間にも及ぶ儀式が終わった後、デヴィッドの異変はようやく収まった。

それから数ヶ月後、グラツェル家の近所で殺人事件が発生した。アルネ・シャイアン・ジョンソンが家主のアラン・ボノを殺害したのである。裁判の場で、ジョンソンは「デヴィッドに取り憑いていた悪魔が今度は私に取り憑いた。アランを殺したとき、私は悪魔に操られていた。だから、当時の私に責任能力はなく、無罪判決が妥当だ」と主張した。

キャスト

感想・ネタバレ

LOVE
LOVE

死霊館は、いつ観ても怖いです。

本当にあった事を、映画化してるらしいので…

まとめ

⚠️イイネは、記事下のイイネボタンと、TwitterのLOVE (@LOVELOG2020)でお願いしますm(_ _)m
LOVE
LOVE

イイネとランキング応援お願いしますm(_ _)m

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


SHARE