ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密


ランキング応援ご協力のお願い

ご訪問ありがとうございます。ランキングのご協力お願いしますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』

予告

あらすじ

本作は、前作『黒い魔法使いの誕生』の出来事から数年後の1930年代、ブラジルのリオデジャネイロとドイツのベルリン、そしてイギリスアメリカ合衆国を舞台に、魔法界が第二次世界大戦に参戦するまでの物語。

ニュート・スキャマンダーは調査に訪れた先で、心清き者にひざまずく習性を持つ魔法動物「麒麟」と出会う。麒麟はニュートの目の前で出産するが、その時突然現れた魔法使いたちによってその麒麟は殺され、子供の麒麟は連れ去られる。ニュートは、殺された麒麟の傍らに子供がもう一匹生まれているのを見つけ、引き取る。

そのころ魔法界では、指導者アントン・フォーゲルの任期満了に伴い、次期指導者を決める選挙が行われようとしていた。急速に勢力を拡大していた闇の魔法使いゲラート・グリンデルバルドもその選挙に立候補する。ニュートとアルバス・ダンブルドアたちはグリンデルバルドの指導者就任を阻止しようと動きだすが、グリンデルバルドの息のかかったフォーゲルは、グリンデルバルドの罪を証拠不十分として取り下げる。

グリンデルバルドは、麒麟を殺してその死体を操り、観衆の前でひざまずかせることで自らを指導者に仕立て上げようとしていた。ところが、ニュートたちが生き残ったもう一匹の麒麟を連れてきたことでその企みは阻止され、ヴィセンシア・サントスが新たな指導者に選ばれる。グリンデルバルドは血の誓いを破ってダンブルドアと戦うが、二人は互いの心臓の鼓動を感じて戦いをやめ、グリンデルバルドは再び追われる身となる。

キャスト

映画レビュー・ネタバレ

LOVE
LOVE

もう一回観ないと内容が入ってこないかも( ̄▽ ̄;)


まとめ

⚠️イイネは、記事下のイイネボタンと、TwitterのLOVE (@LOVELOG2020)でお願いしますm(_ _)m
LOVE
LOVE

イイネとランキング応援お願いしますm(_ _)m

このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA